ペットは家族!人間を癒す大切なパートナー

今や動物はペットから家族へ

今はペットは家族の一員として飼われていることが多く、犬であれば昔のように屋外で飼育されるというより室内飼いの方が圧倒的に増えています。そしてその飼育環境もペットの寿命に大きく影響していると言えます。衛生面も良好になったばかりでなく、動物病院の設備などはもちろん、医療の充実や餌の質の向上など、ペットを取り巻く環境は劇的に改善されています。飼育する人間もペットというより家族という意識を持つ人が増えつつあります。

ペットも寿命が延びる時代

先に述べたように、ペットフードの品質の向上はめざましいものがあります。ペット先進国である欧米のペットフードはもちろんですが、日本国内のドライフードメーカーもその品質は年々向上しています。種類ごとであったり月齢や成長に合わせたもの、肥満やアレルギー体質など、実にきめ細かいタイプに合わせたさまざまなフードが開発され、原材料の産地や製造過程にも細かい配慮がされているものがほとんどです。そしてそれは、飲料水やサプリメントにも及んでいるのです。それにより、ペットの寿命は年々のびつつあるのです。

セラピストとしての大きな役割

ペットには、老人や病人など、心身にトラブルを抱えている人にとっても重要な存在であることも認められています。ペットに触れたり、一緒に過ごすことで心が癒され、表情も生き生きする老人や病人が多いようです。そして実際にペットセラピーとして介護施設への訪問など、積極的に行っている施設や団体も増えているのです。こうした事実も考えると、長い歴史の中で人間の良きパートナーとして寄り添ってきたペットは、重要な家族の一員であることは当然のことであると言えそうです。

横浜市は、関東でも有数の大都市としても知られており、観光都市としても全国的に有名です。神奈川県で子猫販売なら神奈川県横浜市で探すと、子猫販売のペットショップなどをすぐに見つけることができます。

愛犬が年老いたときに飼い主ができることは?

老いは少しずつやってきます

犬の寿命は昔と比べると長くなっていますが、それでも10歳を過ぎたくらいから少しずつ老いが見られるようになってきます。ある日気付くと毛並みが悪くて色が心なしか薄くなった、呼びかけに答えなくなっていた、目が白く濁ってきた、散歩のときに走らなくなったなど、症状はそれそれでしょうが、前兆はほんの些細なことが多いはずです。今まで元気だったのに突然動かなくなったという場合は老いではなく、病気を疑うべきでしょう。

お互いに慣れてゆきましょう

愛犬の老いが始まっても、焦る必要はありません。これといった内臓の病気がなく10年以上生きてきた犬であれば、それはとても自然で幸せなことだと捉えるべきです。老犬とに生活はとても落ち着いた静かなものです。若い頃のように走り回ったりはしませんが、おとなしく寄り添って歩きます。ボールを追いかけることはしませんが、お気に入りのおもちゃを片時も離さずに持っていたりします。若い頃の活気はなくても、飼い主をいやしてくれる力はまだ充分にあるものです。耳は聞こえなくても声をかければ気付いて尻尾を振ってくれますよ。

生活面では気を付けてあげることが増えます

足腰が弱ってくるでしょうから、今までのようにソファに飛び乗ることは危険になります。降りようとして転落することも考えられますから、乗り降りは介添えをするかステップを取り付けましょう。消化機能が衰えますから、食事は柔らかく消化の良いものに切り替えましょう。市販のフードは年齢別になっているので利用するのも良いと思います。排便排泄も回数が増えます。トイレはこまめに掃除し、いつも快適に排便排泄できるようにしてあげましょう。他にも老犬のために気を付けることはたくさんありますが、愛犬との生活の中で飼い主が見つけて助けられることばかりです。よく観察をして、一緒に過ごす時間を大切にしてください。

老犬ホームはサポート体制も重要ですが、飼い主が気軽に訪れられる場所かどうかも考慮に入れましょう。また病気や障害があっても預かってくれるのかチェックします。

みんなはどうやってるの!?写真の保存方法!

これまでの思い出の残し方

みなさん、「写真を保存する」といえばどのような方法をお考えでしょうか?これまでは思い出として写真を保存する方法として、アルバムを作ることが多くありました。子供の成長記録を年齢別に分けて保存したい、結婚式に取った写真を残しておきたい、趣味で撮った写真を場面ごとにわけたい、そんなときに写真をアルバムに一つ一つおさめては、家での片付けでふとした時に見つけてついつい見てしまうなんてことよく経験がある方も少なくはないんではないでしょうか。しかし、現代ではまた違った写真の残し方が多いようです。

コンパクトに収めたい!!

特にカメラをよく使うという方に見られるようですが、アルバムに保存するというほかに、SDカードやCDなどの記憶媒体に保存する様式も良く取られているようです。手元に写真を置いておきたいがアルバムばかりかさんでしまって、家に置いておくスペースがない、パソコンで読み込むことでファイルごとに分けられたり、写真の加工もできるのでより楽しめる、というような方々に多く見られるようです。そしてもう一つ最近注目されている方法とは何かおわかりでしょうか?

整理も楽で置き場所も気にならない!!

2010年代、パソコンの普及が進んだ現代に、世界で多くの方々に利用されているその方法とは、「クラウドサービス」です、「もう使っている」という方ももちろん少なくないでしょう。写真のみならず、会社で使う資料を社内で簡単に共有したい、離れた友人とデータを共有したい、そんな時にも利用されています。このクラウドサービスを利用することで、自分で記録媒体を用意する必要もなくなりますし、最近では一定量の容量を無料で使用することができるものも多くあるようですし、もしもっと大容量がいいという場合でも年間で使用料を払えば1TB程の容量も利用可能です。この機会に写真の整理をする場合に利用してみるのも良いかもしれません。

フォトブックとはインターネットで手軽に申し込める、写真印刷サービスで、特定のフォームに自分の好きな写真を入れ込むだけで、あっという間に素敵なミニアルバムにしてくれます。

きちんと手入れをしながら機械式時計でファッションを楽しもう!

機械式時計、その仕組みとは?

機械式時計は昔からある時計の形式です。今ではその正確性とコスト面からクォーツ式時計が時計業界の主流となっています。それまでは時計といえばゼンマイ式の機械式時計でした。そのため手動でゼンマイを巻いてやる必要がありました。そのゼンマイ式も腕時計でなら、腕を動かすちょっとした動作で自動でゼンマイを巻くことができるようになり、全自動式へと替わりました。ただし、取り外すなどしてゼンマイが巻けない状態だと停まってしまうのがデメリットです。

機械式時計の魅力、そのファッション性。

世界中でクォーツ式時計が主流になっても機械式時計の灯は消えていません。それどころかますます強く輝くようになったかもしれません。時計の可動部分はムーブメントと呼ばれますが、機械式時計のその精緻なムーブメント部分に心惹かれる人が後を絶たないからです。そしてそのこだわりの部分をファッション性まで高めたモデルが人気となっています。素晴らしく精巧なモノを持っているという所有欲を満たしてくれるんですよね。そういった理由でフォーマルの場では普段と違って、機械式時計を身に付ける人の割合がぐっと高くなるのも事実です。

機械式時計のお手入れは自分自身も磨いています!

機械式時計はその精巧さゆえにお手入れがかかせません。正しい部品を、正しく組み上げたものだからこそ、正しく動くという理屈です。ですが、それは繊細な部品の組み合わせによって成り立っているという点で、人を惹きつける魅力にもなっています。これは、料理にせよファッション性にせよ、『一流のものほど繊細な組み合わせによって成立している』という点でも似ているかもしれませんね。きちんと手入れされてある機械式時計を身に着けていることは、自己管理もきちんとできている証になるということです。だからこそ、機械式時計の手入れは、ある意味『できる大人』としての自分磨きと同じであるといえるかもしれません。ファッション性を高めるアイテムとしての機械式時計に負けないほどの自分自身でありたいものですね。

オーデマピゲはスイスに1875年に設立された世界三大高級時計メーカーのひとつです。もともとは、ムーブメントのみを製造していました。

壁面緑化で!?エコロジーな暮らしを始めよう!

壁面緑化ってどんなもの?

壁面緑化とは、建物の外壁に植物を這わせることをいいます。壁面緑化というより、最近ではグリーンカーテンという言葉の方が分かりやすいかもしれませんね。外壁は太陽の日差しをダイレクトに受け止めていると、建物の内部の温度を想像以上に上げてしまうのです。午後からの西日に面した壁がある建物なら、グリーンカーテンがあるのとないのとでは、室温が3度以上違ってくるという例もあるのです。「でも3度しか変わらないのか…」という方もいるかもしれませんが、エアコンの温度設定を考えると3度でどれだけ快適になるかがお分かりになるでしょう。

壁面緑化の効果は夏だけのもの!?

壁面緑化の大きな目的は、外壁から伝わる熱を抑えて室内を涼しく過ごしやすい温度に保つことです。でも、「メリットは夏だけで冬は反対に寒くなるのでは…」と心配する方もいるかもしれませんね。暑い夏が終わっても、冬になってもしっかりと嬉しい機能を発揮してくれます。常緑の植物を選んでおけば、植物が天然の断熱材になってくれます。すなわち、建物内の温かい空気が逃げにくくなって、その結果、暖房効率も上がるという訳です。

壁面緑化はDIYでもできるの!?

エコにもなって経済的にも効率が良いなら、自分でやってみようかなという方もいるでしょう。ガーデニングや家庭菜園などで植物のことならお任せという方でも、壁面緑化には専門的な知識も必要になることは覚えておきましょう。ベランダにグリーンカーテンを作る程度であれば、DIYでも十分なものが作れるかもしれません。しかし、壁面緑化には植物の選び方や水やりの頻度、壁面の大きさによってもたくさんの選択肢があります。本格的なものを検討するなら、やはり専門業者に依頼した方が早くて確実かもしれませんね。

壁面緑化では、季節に変わりなく生育する常緑種を選定することが必要であり、植物の生育の仕方に応じたプランターを選ぶことが重要です。

男の美学!機械式時計の魅力と使うコツを紹介!

機械式時計は男のロマンが詰まった究極のアイテム!

機械式時計には、デジタル時計にないメカニカルな美しさや機械的構造体の魅力を秘めていますよね。職人が一つ一つ部品を組み上げていった精密部品の味わいを感じれることがとても魅力的です。また機械式の腕時計は、男性のファッションコーデの中でも特にステータス性が強く、センスを表現出来る装飾品であるため、昔から男性のロマンと言えば、車や高級時計という存在なのでしょう。機械式時計は耳を済ませば時を刻むカチカチという音色を楽しめたり、クリア文字盤のモデルは歯車の動きを見る事ができますよ。

機械式時計はメンズファッションのすべてにマッチ!

機械式時計の腕時計は、スーツにとても似合うマストアイテムです。フォーマルに仕上げたコーディネートに、唯一キラリと光る腕時計がコーデ全体の中で存在感、ステータス感を引き立ててくれますよ。さらに懐中時計を忍ばせれば、大勢の中でも飛び抜けてジェントルな紳士の印象を与える事ができる素晴らしいアイテムです。フォーマルなファッション以外のカジュアルなファッションでも腕時計がカジュアルな印象とのコントラストで引き締める効果を発揮します。機械式腕時計はファッションの観点で見るととてもロマンのあるアイテムです。

機械式時計を長く使うためのメンテナンスとは!?

機械式時計はとても多くの精密部品が時を刻みながら噛み合い動くので長持ちさせるために、定期的なメンテナンスは怠らずに行いましょう。具体的には、長年使っていると油切れを起こしたり、少しずつ摩耗していきます。またゼンマイなどに金属疲労が起きないように数年に一回ごとにオーバーホールをすることをお勧めします。部品をすべて分解し奇麗に洗浄を行った上で、再び組み直し注油することで部品の負担をリセットさせます。自分で行うには専門的な知識が必要になるので、専門店や購入したお店に依頼して見て下さいね。

ウブロとは1979年にイタリア人がスイス連邦で創立した時計ブランドで金のケースとラバーベルトを組み合わせた時計で有名になりました。

意外と知らない?iphoneケースの種類と特徴

シンプルなデザインで人気1番!ハード・ソフトケース

iPhoneのケースで使用している方が1番多いのがハード・ソフトケースです。iPhoneを購入して初めて買ったケースがこのタイプという方も多いですよね。ハードケースの特徴として薄くて軽い事や様々なデザインのケースが販売されている事で自分の好みのケースを見付ける事が出来ます。また、ソフトケースでは、装着を簡単にする事が出来る事やケース自体が柔らかい素材で出来ている事で万が一、落とした場合でも衝撃をある程度吸収する事が出来るといった異なる特徴があるんですよ。

女性人気はダントツ!手帳型ケース

様々な種類のあるケースの中では、1番厚みがある手帳型ケースですが、iPhoneの背面だけではなく、液晶画面も保護する事が出来るといったメリットがあります。女性からの人気が高く、他のケースでは出来ない可愛らしいデザインやワンポイントが付いている商品も多くなっているんですよ。また、ケースにカードを収納する事が出来たりiPhoneのスタンドとしても使用する事が出来たりと商品によって異なる機能がある事も嬉しいポイントですよね。

個性的なデザイン!タフネスケースとバンパー

一般的なケースよりも分厚く大きなケースとなっているタフネスケースは、頑丈さに特化させているといった特徴があります。見た目もメカニックな商品が多く男らしいデザインとなっています。よくポケットから落とすといった方に人気なんですよ。iPhoneの一番弱いとされている側面部分を保護する事の出来るバンパーは、側面以外は隠れない事からiPhoneのリンゴロゴや本体自体のデザインを引き立たせる事が出来るんですよ。

スキンシールは、スマホ本体に貼るシールです。何度でも貼り直しが可能です。剥がした後は、べたつきません。

北欧生まれのコースターでスカンジナビアの香りを感じよう

北欧雑貨のビギナーはコースターから始めてみる?

近頃流行りの北欧雑貨ですが、色々なブランドの家具やらキッチン雑貨、ステーショナリーが上陸してます。シンプルでどんな部屋にも調和しやすいので、北欧雑貨デビューを考えているなら思い切って始めてみてはいかがでしょうか。キッチン雑貨にもスカンジナビアのブランドのものが増えていますが、キッチンに置くものというと何を買えばいいのかやどう手持ちの食器類を併せていけばいいのかハードルが高そうですね。それならコースターから始めてみるのがいいでしょう。

職人が作ったコースター

コースターは普段の食事の時に使ったり、コレクションとしての楽しさもあります。北欧のコースターの中には、地元の木を使ったものもあり、腕の確かな木工職人の手作りの作品が非常に多くあります。厚みのある、ぬくもりが伝わっていく木目の素材ならではのよさを活かしているので、癖のないシンプルな外見の物ならギフト用にもいいと思います。木の香りはリラックス効果があるので、紅茶やコーヒーを飲む時に使うとより心が落ち着くかもしれませんよ。

木のコースターを長く使うには…

日本から遠く離れたスカンジナビアの職人さんが丹精を込めて作ってくれた木のコースターですから、大切に長く使っていきたいですよね。木で作られたコースターは長く使い込むほどによさが引き出されるからです。コースターの手入れをする時には油を使って汚れをふき取るだけで充分です。スカンジナビアの気に合った油ってどんなもの?と思いますが、キッチンにある油を使ってお手入れすればそれで充分!お手入れ用の油にこだわりたいならアマニオイルがベストです。

キッチン雑貨の場合、デザイン性と利便性を兼ね備えた製品が多数存在するため、より楽しい気分で快適な調理を行うことができます。