リュックのいいところは背負ったままでも両手が自由になっていることなのですが・・・

リュックのいいところはと言えばやはり・・・

リュックのいいところと言えば、何といっても、背中に背負ったままで、両手が塞がらずに空いていることに尽きるでしょう。普通に両手を使えてしまうので、背中にリュックを背負ったままで、両手を使っての手作業もできてしまうし、歩きながら片手にメモ帳、片手にペンなどを持ってメモをする、なんてこともできてしまいます。これは手提げカバンやトランクでは、やりたくてもできないことで、まさにリュックならではといったところなのです。

両手が自由になっているというメリットは本当に大きい

この両手が自由になるというメリットは、歩いているときに突然、雨が降ってきて、とっさに傘をささなければならなくなったようなときにも、大いに威力を発揮してくれます。これが手提げカバンやトランクだったら、雨が降ってきたので傘を出してささなければ、というだけでもどうしても片手が塞がってしまっているので、結構大変なのですが、両手が自由になっているリュックなら、傘をさすのも楽々とできてしまうわけですね。荷物を持ち運んでいても両手が自由のままでいられる、というメリットがいかに大きなものか、この一事でもわかろうというものでしょう?

買い物でも重宝してしまうリュックの収納力!

また、リュックには収納力がある、という利点もあります。もちろん、リュックにも小さ目のものから大きなものまであるので、ある程度以上大きなものである場合のことなのですが、登山家が愛用しているリュックなど、その収納力にはすごいものがあります。まあ、登山家のリュックのような本格的なものではなくても、リュックには収納力があるので、ちょっと大きめの買い物をするような場合にも、重宝したりします。何しろ、一升瓶くらい入ってしまうので、リュックに入れて背中に背負ってしまえば、両手で抱えて持ってくるよりもずっと楽だからです。

バックパックは英語で、後ろ(Back)の袋(Pack)のことで、日本語に訳すると背嚢ということになります。ちなみに同義語で使われるリュックサックはドイツ語です。