北欧生まれのコースターでスカンジナビアの香りを感じよう

北欧雑貨のビギナーはコースターから始めてみる?

近頃流行りの北欧雑貨ですが、色々なブランドの家具やらキッチン雑貨、ステーショナリーが上陸してます。シンプルでどんな部屋にも調和しやすいので、北欧雑貨デビューを考えているなら思い切って始めてみてはいかがでしょうか。キッチン雑貨にもスカンジナビアのブランドのものが増えていますが、キッチンに置くものというと何を買えばいいのかやどう手持ちの食器類を併せていけばいいのかハードルが高そうですね。それならコースターから始めてみるのがいいでしょう。

職人が作ったコースター

コースターは普段の食事の時に使ったり、コレクションとしての楽しさもあります。北欧のコースターの中には、地元の木を使ったものもあり、腕の確かな木工職人の手作りの作品が非常に多くあります。厚みのある、ぬくもりが伝わっていく木目の素材ならではのよさを活かしているので、癖のないシンプルな外見の物ならギフト用にもいいと思います。木の香りはリラックス効果があるので、紅茶やコーヒーを飲む時に使うとより心が落ち着くかもしれませんよ。

木のコースターを長く使うには…

日本から遠く離れたスカンジナビアの職人さんが丹精を込めて作ってくれた木のコースターですから、大切に長く使っていきたいですよね。木で作られたコースターは長く使い込むほどによさが引き出されるからです。コースターの手入れをする時には油を使って汚れをふき取るだけで充分です。スカンジナビアの気に合った油ってどんなもの?と思いますが、キッチンにある油を使ってお手入れすればそれで充分!お手入れ用の油にこだわりたいならアマニオイルがベストです。

キッチン雑貨の場合、デザイン性と利便性を兼ね備えた製品が多数存在するため、より楽しい気分で快適な調理を行うことができます。